キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 バイクの免許の種類 : バイクを正しく学ぶ

バイクの免許の種類

SITE MENU

バイクを正しく学ぶ

バイクを正しく学ぶmainイメージ

バイクの免許には原付の他に、小型・普通・大型免許があり、それぞれ乗れるバイクのサイズが変わってきます。

バイクの免許の種類

皆さんバイクの免許はお持ちでしょうか?一般の方は大体車の免許は持っているため、原付は乗れますが、バイクを運転する場合は、それようの免許が必要になってきます。

実はバイクと一言で言っても様々なサイズがあります。

原付免許の他に、小型限定普通二輪免許やAT小型限定普通二輪免許などがあります。

原付は50CCまでのバイクに乗ることができますが、小型は120CCまで乗ることが可能です。

その上に普通二輪免許とAT普通二輪免許があり、これは400CCまでのバイクの運転が可能です。

そして最後に大型二輪免許とAT大型二輪免許になります。

原付・小型・普通の二輪免許は全て16歳から取得可能です。

逆に大型二輪は18歳にならないと取得はできません。

このようにバイクのサイズによって取得できる免許も変わってきます。

他にも、取得方法も変わってきます。

◆気になるサイト⇒二輪免許取得 > 教習のご案内 | 名鉄自動車専門学校 | 運転免許は名鉄で

例えば、原付は免許センターでの筆記試験だけ合格すれば乗車可能なのに対し、その他のバイクは技能試験もあります。

免許センター指定の教習所で技能試験をパスすれば、免許センターでの技能試験をしないですみます。

小型はバイクのサイズが小さい割りに、二人乗りも可能のため、とてもお勧めです。

さらに、費用の面からも小型がお勧めです。

何も免許を所持していない人が大型二輪を取得しようとした場合、総費用は約29万円になります。

普通二輪の場合、21万。

そして小型の場合18万です。

このように費用的にも小型・または将来のことも考えて普通二輪が一般的に多く取得されている免許であり、お勧めです。

バイクを正しく学ぶ Copyright www.prolamy.com.All Rights Reserved.